辞書とペン

幼稚園教諭に必要なコミュニケーション力を養うことができる大学探し

人を手助けする仕事

男性

小さな子どもからお年寄りが楽しめる暮らしをするために、しっかりとサポートしてくれる仕事が言語聴覚士という職業です。言語聴覚士になるためには、より深い知識やコミュニケーション力などを養わなければなりません。そのためには学校選びをしましょう。言語聴覚士は国が認定している国家試験を合格して資格を習得しなければなりません。高校を卒業した後は、厚生労働省が指定をする学校に進学しましょう。3年制の専門学校・短期大学や4年制の大学、各都道府県の知事が認定している養成所に通って学校を卒業しましょう。卒業までしっかりと医学的知識や心理学などを学ぶことで、プロとして働くスキルを身につけることができますよ。
言語聴覚士の国家試験は毎年1回、2月に行われます。受験する人で気になるのは試験の内容でしょう。5択一式の筆記試験で、合計200問の問題が出題されます。午前中と午後で受ける量が半分に分けて受験することが可能ですよ。合格ラインは満点中の120点以上となっています。最近では、その試験の合格率が50%と少し低めになっています。なのでしっかりと学校で学びましょう。各学校で、最後の学年になると国家試験の取得に向けてプロの講師が本格的に対応してくれるので、わからないことがあればそのままにせず、すぐに聞くことが合格する秘訣になるでしょう。自分のライフスタイルに合った学校選びをすることで、夢を実現させることができます。気になることや不安なことがあれば講師や在学生に相談してみると解決できるでしょう。